平成28年度 佐賀中部病院 病院指標

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)
  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)


年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 13 103 70 96 243 308 563 469 433 113

平成28年4月1日~平成29年3月31日までに退院された患者さんの年齢階級別の内訳です。

50歳代から80歳代の中~高齢者の患者さんが多く入院されておりました。若年層はスポーツ外傷などの患者さんの治療を多く行っておりました。

大病院(三次医療機関)での治療を終えた患者さんの経過観察や診療所などでは治療が難しい患者さんの受け入れを行い、地域へ良質な保険・医療・福祉の提供を行う中核病院としての役割を担っております。

※以下各項目において、件数が10件未満の場合は『-(ハイフン)』を入力しております。


診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード


内科






DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病なし 174 3.21 2.72 0.00% 63.45
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 処置1あり 86 2.01 2.08 0.00% 55.83
050130xx99000x 心不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 39 29.33 17.95 5.13% 84.79
060050xx99x30x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む) 手術なし 処置2_3あり 定義副傷病なし 29 9.28 10.87 0.00% 72.41
060300xx99x00x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 24 26.21 13.50 4.17% 73.25

内科には呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、血液内科が含まれております。 また、内科系の標榜科として神経内科がございます。 呼吸器内科では睡眠時無呼吸症候群の1泊2日での検査の他にも慢性閉塞性肺疾患(COPD)の患者さんへの在宅酸素療法(HOT)の導入、肺癌の患者さんの化学療法、外来では禁煙外来も行っております。

消化器内科では大腸ポリープの2泊3日での治療の他にB型・C型肝炎及び肝硬変、肝癌、食道静脈瘤の治療 も行っております。

循環器内科では不整脈の患者さんの治療や心不全の患者さんの心臓リハビリテーションを中心に行っております。

血液内科では白血病、骨髄異形成症候群、悪性リンパ腫など化学療法や輸血を必要とする治療を行っております。

神経内科ではパーキンソン病、脳梗塞後のリハビリなどの治療の他にもの忘れ外来も行っております。




外科






DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 処置2_6あり 定義副傷病なし 39 3.97 4.41 0.00% 67.49
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 手術なし 処置2_6あり 定義副傷病なし 32 3.94 4.48 0.00% 62.56
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 処置2なし 31 6.39 6.59 0.00% 60.42
060160x002xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 23 6.57 4.97 0.00% 68.26
060035xx99x70x 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 手術なし 処置2_7あり 定義副傷病なし 23 4.91 4.84 0.00% 60.35

結腸・直腸癌や胃癌の術後定期化学療法を長期にわたってサポートしております。

乳癌の患者さんについては進行度合いによって選択する術式が変わりそれによってDPCコードも変わります。 28年度は80人ほどの患者さんが入院されておりました。

癌の治療のみならず、内科と連携して胆管系の疾患の治療も行っております。




整形外科






DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病なし 99 18.05 5.49 0.00% 53.91
070160xx01xxxx 上肢末梢神経麻痺 手根管開放手術等 78 5.24 5.69 0.00% 64.51
160780xx97xx0x 手関節周辺骨折脱臼 手術あり 定義副傷病なし 52 8.65 4.37 0.00% 29.27
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩,股等 49 52.37 27.63 42.86% 84.49
160760xx97xx1x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病あり 24 28.17 10.63 0.00% 73.21

全国の平均在院日数より在院日数が長いのは、退院された後すぐに元の生活に近い状態へ戻れるように術後のリハビリを提供しているためです。

また、高齢の患者さん以外にも若年の患者さんのスポーツ外傷(手関節周辺骨折脱臼など)の治療も積極的に行っております。

上肢以外にも大腿骨骨折や股関節骨頭壊死、膝関節症など下肢の治療も充実しております。




婦人科






DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮筋腫摘出(核出)術 腟式等 処置2なし 20 2.90 3.31 0.00% 43.05
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -

子宮頚部異形成は当院の併設施設である健康管理センターの検診で発見されることも多く、手術を含めた治療や経過観察など積極的に行っております。

子宮筋腫、卵巣腫瘍、子宮内膜ポリープなどの治療も行っておりますが、28年度はそれぞれ10件未満のため表示しておりません。



初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード





初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 12 - - 10 - - 1 7版
大腸癌 - - 14 63 - 35 1 7版
乳癌 13 18 - - - - 1 7版
肺癌 - - - 15 - - 1 7版
肝癌 - - - - - 39 1 7版
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

胃癌や乳癌は、健診や診療所などの病診連携により、ほとんどが早期癌(StageⅠ・Ⅱ)の段階で治療を行っております。

大腸癌、肺癌、肝癌に多く見られるいわゆる末期癌(StageⅣ)の患者さんは長期にわたっての治療をサポートしております。


成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード





患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 18 13.39 58.44
中等症 36 24.28 76.31
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -

比較的軽症の患者さんから時には重症の患者さんまで幅広く治療を行っております。


脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード














ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 - 17 27.88 75.24 5.88%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -

脳梗塞後のリハビリを必要とする患者さんを積極的に受け入れADL改善に努めております。


診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード


内科






Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 150 0.02 2.17 0.67% 63.87
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 34 0.21 3.38 0.00% 63.47
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 14 7.86 17.57 0.00% 75.21
K654 内視鏡的消化管止血術 12 1.67 13.25 0.00% 62.75
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 12 3.67 13.17 0.00% 82.00

健康診断の内視鏡検査でポリープを発見した場合は、早い段階で治療を行える体制を整えております。消化器内科では大腸ポリープの治療の他に肝癌の治療(血管塞栓術やラジオ波による焼灼術など)や食道静脈瘤の治療(硬化療法や結紮術)も行っております。

また、循環器内科では不整脈の患者さんへペースメーカーの植え込み術も行っております。




外科






Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 31 1.03 4.35 0.00% 60.45
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 28 1.93 5.79 0.00% 57.04
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 24 1.67 4.17 0.00% 69.33
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 22 0.59 5.50 0.00% 58.50
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋下鎖骨下部郭清を伴うもの)・(胸筋切除を併施しない)) 16 1.19 12.50 0.00% 60.56

鼠径ヘルニア手術や胆嚢摘出術は体への侵襲性が低い腹腔鏡下での治療を積極的に行うことで早期退院が期待できます。

乳癌については進行度によって術式が異なり、乳癌全体の手術件数は28年度は80件ほど行っておりました。術後はリハビリテーションを行うことで早期の退院と社会復帰が期待できます。

また、その他行っている手術としては幅広い年代が罹患する虫垂炎の手術や胃癌、直腸癌の臓器摘出術なども行っております。血管外科外来との連携で下肢静脈瘤の手術も1泊2日入院で行っております。




整形外科






Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕,下腿) 69 1.43 8.16 0.00% 56.45
K093-2 関節鏡下手根管開放手術 59 0.03 1.73 0.00% 67.10
K0732 関節内骨折観血的手術(胸鎖,手,足) 43 3.44 29.19 0.00% 63.14
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 38 4.42 48.08 34.21% 76.97
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 36 2.69 23.08 0.00% 53.56

手の骨折や手根管症候群(指のしびれ)など上肢の患者さんの治療を積極的に行っております。

その他大腿骨頸部骨折や変形性膝関節症の患者さんへの人工股(膝)関節置換術、股関節骨頭壊死の患者さんへの人工骨頭挿入術などの下肢の高度な手術にも対応しております。




婦人科






Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K867 子宮頸部(腟部)切除術 20 0.6 1.3 0.00% 43.05
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -

子宮頚部異形成の治療を積極的に取り組んでおります。



その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード




DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -

当院では術後の管理をしっかりと行っており、播種性血管内凝固症候群や敗血症などの術後の合併症を発症しないように細心の注意をはらっております。

更新履歴



2017/9/27

平成28年度の当院病院指標を公開しました。


PageTop