令和2年度 佐賀中部病院指標

令和2年度 佐賀中部病院指標

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)
  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 15 76 33 79 169 202 354 533 477 172
令和2年4月1日~令和3年3月31日までに退院された患者様の年齢階級別の内訳です。
50歳から80歳代の所謂、中~高齢者の患者様が多数入院されているように見受けられます。
大規模病院(三次医療機関)での治療を終了した患者様の経過観察や診療所などでは治療が困難な患者様の受け入れを行い、地域への良質
な保険・医療・福祉の提供を行う中核病院としての役割を担っております。
※以下各項目において、件数が10件未満の場合については、『-(ハイフン)』を入力しております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1:あり 66 2.02 2.04 0.00% 56.39
050130xx9900xx 心不全 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 64 23.06 17.23 3.13% 84.38
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。)内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 63 2.13 2.66 0.00% 63.52
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2:なし 31 32.55 18.61 9.68% 75.74
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2:なし 28 24.75 20.51 10.71% 87.36
当院内科には、呼吸器内科・消化器内科・循環器内科・血液内科が含まれております。
呼吸器内科では、睡眠時無呼吸症候群の1泊2日での検査の他にも、慢性閉塞性肺疾患(COPD)及び間質性肺炎の患者様への在宅酸素療法(HOT)導入、肺癌の患者様の化学療法、特に喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の患者様を多く診察しております。
消化器内科では、大腸ポリープの2泊3日での治療の他にB型・C型肝炎及び肝硬変、肝癌、食道静脈瘤などの治療も行っております。
循環器内科では、不整脈の患者様の診断・治療や心臓CTによる冠動脈画像診断、心不全の患者様の心臓リハビリテーションを中心に行っております。
血液内科では、白血病、骨髄異形成症候群、悪性リンパ腫など化学療法や輸血を必要とする治療を行っております。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx010xxx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等1:なし 22 13.50 10.30 0.00% 63.23
060035xx99x5xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2:5あり 15 6.67 4.42 0.00% 66.13
060335xx02000x 胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 13 8.69 7.23 0.00% 54.39
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 12 6.50 5.44 0.00% 38.67
090010xx02xxxx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 12 9.83 6.02 0.00% 63.42
乳癌をはじめ結腸・直腸癌や胃癌の術後定期化学療法を長期にわたってサポートしております。また、癌の治療のみならず、内科と連携して胆管系の疾患も行っております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病:なし 72 12.56 5.18 0.00% 53.93
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 71 45.79 25.09 45.07% 84.13
160690xx99xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 44 39.98 18.81 20.46% 81.57
160780xx97xx0x 手関節周辺の骨折・脱臼手術あり 副傷病:なし 41 5.83 4.35 0.00% 32.10
070010xx010xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。)四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1:なし 26 6.23 5.39 0.00% 39.62
当科での平均在院日数が全国平均より若干長くなっているのは、手術症例の場合でもそうでない場合でも、ある程度状態が安定するまできちんとリハビリテーションまで行っていることが要因として挙げられます。在宅や転院先でも安心して生活や継続加療ができるように努めています。
リハビリテーション科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 16 46.31 17.72 6.25% 73.31
010060x0990200 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性、かつ、JCS10未満)手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:あり 副傷病:なし 重症度:発症前Rankin Scale 3、4又は5 11 53.36 19.87 18.18% 75.46
内服調整やリハビリテーションに取り組んでおります。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120220xx01xxxx 女性性器のポリープ 子宮全摘術等 37 2.92 2.93 0.00% 43.41
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮頸部(膣部)切除術等 手術・処置等2:なし 15 2.80 3.11 0.00% 40.47
120250xx97x0xx 生殖・月経周期に関連する病態 手術あり 手術・処置等2:なし 10 2.60 4.30 0.00% 46.20
子宮鏡下手術では、子宮内膜ポリープ切除、粘膜下子宮筋腫切除、子宮内膜アブレーション(MEA)などを行っております。細径子宮鏡を導入し、子宮頚管狭窄症例にも幅広く行えるようになりました。子宮がん検診異常として発見される子宮頸部異形成に対しては、子宮頸部円錐切除術やLEEPにて治療しております。子宮脱症例に対する保存的治療だけでなく、子宮脱根治術などの手術も行っております。また、腹腔鏡下手術、婦人科腫瘍手術は、佐賀大学産婦人科などとの連携で件数は増加傾向となっております。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 重症度:片眼 33 2.00 2.76 0.00% 75.82
当院眼科では、令和2年7月より、1泊2日入院での白内障手術を行っております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 13 - - - - 12 1 8
大腸癌 - 19 11 14 18 11 1 8
乳癌 16 10 - - - - 1 8
肺癌 - - - 15 - 14 1 8
肝癌 - - - - - 13 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
胃癌や乳癌は、健康診断や診療所などの病診連携により、そのほとんどが早期癌(StageⅠ・Ⅱ)の段階にて治療を行っております。また、大腸癌、肺癌に多く見受けられる末期癌(StageⅣ)の患者様に対しては、長期にわたっての治療サポートを行っております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 39 18.51 79.97
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
軽症の患者様から超重症の患者様まで幅広く治療を行っております。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 - - - -
その他 19 45.16 76.32 10.53
脳梗塞急性期リハビリテーションの患者様を受け入れると共に、TOYOTAウェルウォークを用いたロボットリハビリテーションにも取り組んでおります。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 63 0.25 1.10 0.00% 63.54
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 16 3.56 15.69 6.25% 91.31
K654 内視鏡的消化管止血術 13 0.15 18.46 7.69% 78.15
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍胃粘膜下層剥離術) 12 1.25 7.92 0.00% 72.58
消化器内科では、大腸ポリープの治療の他に肝癌の治療(血管塞栓術やラジオ波による焼灼術など)や食道静脈瘤の治療(硬化療法や結紮術)も行っております。 また、健康診断での内視鏡検査にて大腸ポリープを発見した場合は、早い段階で治療を行える体制を整えております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 21 1.10 5.91 0.00% 50.86
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 13 4.69 14.39 0.00% 72.54
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) 12 1.17 7.67 0.00% 63.42
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) 12 1.00 12.67 0.00% 61.42
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 12 1.08 4.42 0.00% 38.67
胆石症だけでなく、大腸癌・直腸癌においても、積極的に体への侵襲が少ない腹腔鏡による手術を行い、早い段階での社会復帰が可能です。また、虫垂炎では炎症が高度な時には、保存的治療を行い、2~3ヶ月後に腹腔鏡による手術を行い生体への過大侵襲を避ける様に工夫しています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(上腕) 56 3.02 37.79 35.71% 80.30
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕) 48 1.11 4.34 0.00% 58.77
K0732 関節内骨折観血的手術(足) 38 2.16 20.32 0.00% 71.34
K0462 骨折観血的手術(前腕) 34 2.18 15.00 0.00% 45.79
K0463 骨折観血的手術(指) 25 2.84 21.36 0.00% 54.80
通常は手術の場合、前日入院ですが、糖尿病合併例や下肢の外傷などで腫脹が強い場合などの特殊な場合は、手術までの日数がやや長くなることがあります。術後の経過は症例によって異なりますが、高齢者が多い上腕骨近位端骨折や大腿骨頚部骨折などではある程度当科でリハビリを行ってから継続リハビリのために他院への転院になることもあります。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K872-31 子宮内膜ポリープ切除術(電解質溶液利用のもの) 31 0.87 1.07 0.00% 43.07
K867 子宮頸部(腟部)切除術 16 0.81 1.00 0.00% 40.88
K877 子宮全摘術 10 1.20 7.60 0.00% 53.20
子宮鏡下手術、腹腔鏡下手術、円錐切除術、腟式手術、子宮脱手術、腹式子宮全摘などの手術を中心に行っております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K282 1 ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの)( 33 0.00 1.00 0.00% 75.82
当院眼科では、令和2年7月より、1泊2日入院での白内障手術を行っております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
当院では、術後の管理を十分行っており、播種性血管内凝固症候群(DIC)や敗血症などの術後合併症を発症しないよう細心の注意を払っております。
更新履歴
PageTop