麻酔科

当院の麻酔科は、平成15年8月より新設され、手術麻酔、外来(ペインクリニック)、院内での救急蘇生、緩和ケア等を主な仕事としています。日本麻酔科学会麻酔科専門医が常勤しており、日本麻酔科学会認定指導病院となっています。

対象疾患/症状

手術麻酔
 手術麻酔は主に産婦人科、外科、整形外科、眼科手術の術中の麻酔およびその管理はもとより、術前の患者様への麻酔説明、術後の痛みの緩和、全身状態の管理等、手術の前後にわたって患者様が安全かつ快適に手術を受けることができるように日々努力しております。最新の麻酔設備、薬剤を常備し、麻酔科新設以来、高齢者や高リスクの手術も増え、全手術件数も年々増加しています。外科系各科とのチームワークも良好です。
外来(ペインクリニック)
 麻酔科外来では、いろいろな全身の痛みに対する治療を行っています。三叉神経痛や、帯状疱疹後神経痛、癌による痛み、慢性の痛み、その他頭痛、肩こり、腰痛、手足の痛み、生理痛等、各種の痛みに対応しています。治療は、様々な痛み止めの薬を組み合わせたり、神経ブロックを行っています。痛み以外では、突発性難聴、顔面神経麻痺、花粉症、めまい等の治療も行っています。また漢方による治療も積極的に取り入れており、いろいろな症状に対して向き合えるよう努力しております。

外来担当医案内

中平 圭(なかひらけい)

 

受付時間

午 前: 8時30分~11時30分

※第2、第4金曜のみの診察です。

※急な学会出張等で休診の場合がありますので、事前にお電話でご確認ください。
PageTop