消化器内科

消化器科では食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、肝臓、胆嚢、膵臓などの消化器官の疾患を主な対象とし診断、治療を行います。

対象疾患

逆流性食道炎/食道腫瘍(食道癌ほか)/食道静脈瘤/急性胃炎/慢性胃炎/胃十二指腸潰瘍/胃腫瘍(胃癌ほか)/急性虫垂炎/腸結核/クローン病/潰瘍性大腸炎/大腸腫瘍(大腸癌ほか)/過敏性腸症候群/虚血性大腸炎/腸閉塞/急性肝炎/肝硬変/自己免疫性肝炎/原発性胆汁性肝硬変/アルコール性肝障害/薬物性肝障害/脂肪肝/肝膿瘍(肝癌ほか)/胆石症/胆道感染症/胆嚢腫瘍(胆嚢癌ほか)/急性膵炎/慢性膵炎/膵腫瘍(膵癌ほか)/など

対象症状

胸焼け/嚥下しにくい/吐気/吐血/食欲不振/腹部不快感/腹痛/黒い便が出る/体重減少/発熱/下痢/下血/便秘/全身倦怠感/黄疸(からだが黄色くなる、濃い黄色の尿が出る)/腹が張って体重が増える/下肢が腫れる/など

外来担当医案内

受付時間

午 前: 8時30分~11時30分
午 後: 14時~16時30分

※急な学会出張等で休診の場合がありますので、事前にお電話でご確認ください。

矢野 洋一(やの よういち)

日本内科学会認定内科医、日本消化器病学会専門医・指導医
日本肝臓学会肝臓専門医・指導医、日本医師会認定産業医
yano
<専門分野>
肝疾患全般、消化管疾患全般

福森 一太(ふくもり かずた)

日本内科学会認定内科専門医、日本消化器病学会専門医・指導医
日本肝臓学会肝臓専門医・指導医、日本消化器内視鏡学会内視鏡専門医
医学博士
fukumori
<専門分野>
肝疾患全般、消化管疾患全般、一般内科全般

中野 良(なかの りょう)

SONY DSC
日本内科学会総合内科専門医・認定内科医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化管学会胃腸科認定医・専門医、指導医
日本ヘリコバクター学会H.pylori(ピロリ菌)感染症認定医
医学博士
<専門分野>
消化管疾患全般

財前 友貴(ざいぜん ゆき)

 

日本内科学会認定内科医
SONY DSC

吉村 壮平(よしむら そうへい)

SONY DSC
<専門分野>
消化管疾患全般

主な検査内容

 

●消化管造影検査
造影剤を使いエックス線で食道、十二指腸、小腸、大腸を調べます。
●内視鏡検査
内視鏡で食道、胃、十二指腸、大腸を観察します。
必要があれば組織を採取し、顕微鏡で詳しく調べます。
膵臓の精密検査にも応用され、消化管出血や腫瘍性病変の治療にも用いられます。
●腹部超音波検査
超音波で肝臓、胆嚢、胆道、膵臓、腎臓の形態を調べます。
腫瘍性病変の組織採取や治療にも用いられます。
●腹部CT検査
エックス線を使って腹部の断面像を描出します。
造影剤を併用すれば、さらに詳しく病変を観察できます。
●腹部MRI検査
電磁波を使って腹部の断面像を描出します。条件を変えることで、病変の性状の診断が可能です。
造影剤を併用すれば、さらに詳しく病変を観察できます。
●腹部血管造影
動脈から造影剤を注入し、主に腹部臓器の血行状態を調べます。
出血性病変や腫瘍性病変の治療にも用いられます。
PageTop