循環器内科

対象疾患/症状

1. 心不全
階段昇降時など労作時の息切れ、夜、横になって寝ると息苦しくなる。
2. 心臓弁膜症
健康診断で心臓の雑音を指摘された。
3. 虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)
走ったり、はや歩きをすると胸がしめつけられるが、
休むと楽になる。以前、心筋梗塞といわれた。
4. 心筋症
健康診断で心電図異常や胸部レントゲン写真で心臓が大きいと言われた。
5. 不整脈
動悸(脈が飛ぶ、脈のリズムが乱れる)、急に意識を失う発作を起こした。
6. 先天性心臓病
生まれた時から心臓に雑音があると言われた。
※現在、心臓血管造影室(心臓カテーテル検査室)がありませんので、急性心筋梗塞、
不安定狭心症、大動脈解離、大動脈瘤破裂などの急性期疾患の受け入れはできません。
しかし回復期の心臓リハビリテーションについては当施設で受け入れ可能です。

※永久式ペースメーカーの挿入、心臓電気生理学的検査(ヒス心電図検査)、
右心カテーテル検査は手術室で行っています。

内田 文(うちだ ふみ)

日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会専門医
<専門分野>
内科・循環器疾患全般

主な検査内容

 

●心電図
心筋梗塞/狭心症/心臓肥大/不整脈などを診断する検査です。
●心エコー検査(経胸壁心臓超音波検査、経食道心臓超音波検査)
心臓の動きや大きさ、弁膜症の有無などを超音波を用いて直接観察する検査です。
非侵襲的検査で苦痛はほとんどありません。
●ホルター心電図
連続して約24時間記録を行う心電図検査で、不整脈やその重症度、症状との関連性、
薬の効果判定、狭心症の評価などを行います。12誘導記録機種もあります。
●トレッドミル運動負荷試験
ベルトコンベアの上を歩くように工夫された装置を用い、速度や傾斜を変えながら
運動負荷をかける方法です。狭心症や不整脈の診断、重症度の評価、治療方針の決定、
治療効果の判定を行います。
●心臓電気生理学的検査
不整脈の原因や治療方針を調べる検査です。手術室でレントゲン透視下で行い安全な検査です。
検査中のみ心臓内に電極カテーテルを留置して電気現象を調べます。
●右心カテーテル検査
心臓機能評価法のひとつで、検査中のみ心臓内に専用カテーテルを留置して
心臓の圧力(右心房、右心室、肺動脈)や心拍出量を測定します。
診断や治療方針決定のために行います。
●心臓CT検査(MDCT)
コンピュータ断層(CT)器械を用いて平面画像から心臓血管系を3次元的(立体的)に再構築し、 冠動脈の狭窄・閉塞、大動脈瘤、下肢血管の閉塞などが視覚的に診断できます。
 

特殊な治療

不整脈治療(永久ペースメーカ植込み術)を行っています。
徐脈性不整脈に対してペースメーカ植込みを行い、頻脈性不整脈には心臓電気生理学的検査をおこない、アブレーション等の治療の必要性を検討します。

PageTop